2006年 06月 17日

翻弄される日々

なんだか状況が二転三転して分かりませんが、どちらにせよ準ニート脱却は近いかと。
暇なうちに深夜のさいたまドライブには行っておきたいので、その前に慌てて更新・・・。


【GUSH 7月号】 厚くなってもスルーが増えてはなあ。年少向けが強まった感じか。
◎:深瀬紅音『イン ザ ルーム』: 女性誌の恋愛特集を参考(?)にする受ってどうよ?
                    他でも見るので気になってたんだけど、あり得ん・・・。
〇:真行寺ツミコ『図書室のお兄さん』: 下手にエロを盛り沢山にしない方が纏まる気も。
△:葛井美鳥『渇愛カタルシス』: 設定の脳内感は消えたが相変わらず総ホモ化が・・・。
   越智千文『I WISH』: 今更なドベタ設定からどう話を転がすのか様子見を兼ねて。
   やまかみ梨由『ワンダフルライフ』: 成立後の話としては割と良さげだが、絵がなあ。
▽:梶本潤『星の岡パラダイス』、星野リリィ『かわいたぶって下さい』
×:高永ひなこ『恋する暴君』: 思いつきだけの電波な展開にはもうついていけません。
スルー:かんべあきら『烈華の雫』、かゆまみむ『打倒♥生徒会長』、桜川園子『ラブ・エゴ』
     天城れの『キチクな菊池くん』、祐也『手の中の星。』、洸『密やかな欲望』、
     羽崎やすみ『学園ルンバ』、真中ココ『ドール生活のススメ』
[PR]

by bonniefish | 2006-06-17 23:55 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 断罪前の弛緩      12段目を踏む辺り? >>