2006年 06月 12日

消しゴム忌のつれづれ

連日の引用となりますが、友人の的確な代弁の通り今日はナンシー関女史の命日です。
よりによって斯様な日に斯様なサバドが出来する巡合せとは神の悪戯とでも言うか・・・。
とりあえず私の住んでいる地域では窓外から特段歓声や悲鳴は聞こえませんでしたが。


派遣会社の方は非常に熱心にお仕事をなさっているようで、登録翌日からオファーを頂き
今日は先方と面接でした。こちらの就業条件がネックのようで採用はまだ微妙ですが。
経験が活きない形でも妥協すべきか、中小でも専門に強い派遣会社に鞍替えすべきか。


乙里玲太朗『君のペット』: 絵柄◎ キャラ◎ ネタ・展開◎ 恋愛度〇 好み◎◎
心情も押さえた話なのにエロへの流れがスムーズでしかもしっかりエロいとは。お見事。
『ピアス』系は大抵どぎついエロで色気が無いけど、緩い作家へのカンフルにはなるのか。

いやあ本当に久しぶりに出来の良い801漫画を読んだ気がします。質が高いというよりは
「801としてバランスが良い」作品集で、自分がハマった頃良く見たような懐かしい感じ。
設定や展開の提示(省略)の仕方が上手いのか、地に足が付きつつエロもしっかりだし。
処女作のショタ単行本『だぶるらぶ』の時よりも更に出来が良いと思うし、正直なところ
ショタよりこうした成人系の方が向いている気がします。個人的には残念でもありますが。
「担当様から頂いたゲ●ビデオ」のエッセンスを非常に上手く(苦笑)取り込めたようです。


話が逸れますが、この人はおそらくショタではキツいエロは描きたくない人なのかなとも。
本人もこの単行本の後書きで「ほのぼのショタが大好き」と言っているし、ショタ作品では
エロへの流れが少し不自然だったりエロシーンにとってつけた感があったりしたので、
商業ショタゆえの制約で已む無くエロを描いていた面があるのではないかと推測されて。
個人的には本作で開花したエロと元来のストーリー面、そしてショタ好きな面が融合した
ショタ作品を見てみたい気もしますが、多分そういう作品は描かないんだろうなあ・・・。

ショタのエロでは、「お子様に無体な事をさせるなんて・・・」という抵抗感を持つ作家が
(特に女性作家では)少なくないような気がします。一部の作家(主に男性)が描くような
直截な汁まみれのエロに対し抵抗感を持つという点では私も共通する部分はありますし、
大人の願望を充足させるツールとしてしか捉えていないショタには嫌悪を覚えます。ただ、
少年期でしか体現できない、空想的とも原初的とも言えるエロがあると思うのですが・・・。
[PR]

by bonniefish | 2006-06-12 23:59 | 漫画感想 | Comments(2)
Commented by 墨東公安委員会 at 2006-06-15 00:20 x
連日のご紹介ありがとうございます。

WC関連で分からないのはPVとかいうのですな。一流のプレーを競技場で見たら、一般論としては面白いだろうとは(スポーツに全く関心のない小生でも)思います。それはいいと思うのですが、ではPVとは何なのかと。結局見る対象自体が本当に好きなのかと疑問に思ってしまうのです。そこまでして馴れ合いたいのか、そして下の記事に出てくる某知り合いのように、馴れ合いたくない人間を批難するなどということができるのか。

まあ、こうやって我々も批判することで馴れ合っているのでしょうが(苦笑)
Commented by bonniefish at 2006-06-16 00:11
結局馴れ合わずに生きるのは人間難しいとは思うので、あとはいかに見苦しくなく節度を持つかということでしょうか。この点では私も人のことばかり指弾してもいられませんが、批判は甘んじて受けるということでまあ。
ただ見ず知らずでも強引に馴れ合ったりする風潮や、初めから馴れ合う事を求めるような風潮、そして商売に馴れ合いを持ち込むような風潮には断じて否と言い続けたいなあと思っています。馴れ合いが自己目的化するのは正直気持ち悪いなあと思いますし、801の一部や「メイド」関連といったいわゆる「ヲタク」関連商法の一部に見られるような、サービスのある面での放棄としての馴れ合いは許し難いかと。


<< 12段目を踏む辺り?      コンサート三昧 >>