Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 08日

更新頻度アップ

さすがに更新の実質翌日に訪問者数が減る現状に鑑みれば若干のカオスも必要かと。


ふと思ったんですが、コバルトの麻生玲子のシリーズは一体どうなってるんでしょうか。
新刊をチェックしていて気になって。コバルトでは朝丘戻。も最近音沙汰が無いし・・・。


【ルチル vol.13】 好みの作品が多くて良かったのに、読むのに10日かかってるし・・・。
◎:一之瀬綾子『ゴーゴー僕たち』: ゲストが立ってるし、持ち味が良い形で出ていて。
   有馬しのぶ『青い芝生と甘い水』: この幼馴染みの微妙な距離感、もう堪りません。
〇:秋葉東子『秘書の恋』: 独特のボケが最高だが、リーマンものだとややファンシーか。
   佐倉ハイジ『赤い目をした少年は』: やや話がぎこちないか。相変わらず笑えるけど。
   吹山りこ『すくすくオトコノコ』: 今回は表紙から妙にツボに来て。少年っぽさゆえか?
△:小川安積『かなわないこと』: ネタはベタだが絵と雰囲気が割と良くて。てかボニ山?
   テクノサマタ『草の冠 星の冠』: 受の少年らしさが〇。話を初めから読みたいなあ。
   こなみ詔子『青天ゴールドフィッシュ』: なんか話が進んでるんだかいないんだか。
   山本小鉄子『あしたのきみはここにいない』、奥田七緒『与える男。』、
   富士山ひょうた『ディア・グリーン 瞳の追うのは』、あきよし奈魚『水面に三日月』
▽:ほり恵利織『この恋に落ちていく』、ヤマダサクラコ『プリムローズ』、
   トジツキハジメ『ナインストーリーズ』
スルー:木々『ラヴ ミー テンダー』、桃月はるか『ときどき、世界は美しい』、
     梅太郎『パパおかえり』、嘉原沙也『いましめと愛の契り』
[PR]

by bonniefish | 2006-06-08 23:53 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 約2ヶ月ぶりに      突発都バスツアー >>