Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 27日

久しぶりに本業(?)でも

蓄積した疲労(年だ・・・)と連夜の飲みのせいで寝てばかりで読書も碌に進みません。
PC内の整理中に誤って消去してしまったエロゲなぞやり直しているのもいかんのか。
体験していない青春への憧憬にプレイ時(会社員時代)への懐古も混ざり妙な塩梅で。


6年ぶりくらいで新宿の紀伊国屋に行ったらコミック売り場が独立していてびっくり。
しかも801もベスト20だか30だかが表紙を見せて陳列している辺りに隔世の感が。
色々眺めてみましたが、結局買ったのは当初の目的の『ルチル』だけでしたし・・・。


【GUSH 6月号】 なんで今更ビボイから、しかもこの作家陣を引っ張るんだろうか?
〇:深瀬紅音『恋の約束』: 作品としても各キャラも雰囲気が変わりすぎ。パラレル!?
                 個人的にこの2人は物理的にはくっつけないで欲しかった。
  日の出ハイム『Jump!』: この受はかなりのヒットだが、エロ過剰&駄目攻がなあ。
△:千歳ぴよこ『魔法をかけて』: 線が細くヘタれた分とっつき易くはなったかなと。
▽:高永ひなこ『恋する暴君』: 展開がどんどん意味不明になってるが、どう楽しめと?
   トジツキハジメ『暗夜行』: 設定を描き込むかショートにまとめるかだったらなあ。
   山本小鉄子『かたく手をつなごう』: ひねらないんなら前後編いらないんじゃ?
×:こだか和麻『SEXセラピスト』、文月あつよ『食べたい声』
スルー:天城れの『恋愛紙上主義』、桜川園子『ラブ・エゴ』、羽崎やすみ『学園ルンバ』、
     真中ココ『ドール生活のススメ』、バーバラ片桐『十字架は背徳に濡れて』
[PR]

by bonniefish | 2006-05-27 23:55 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 諸事の整理      蟷螂の斧折れて >>