Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 06日

so irritated

今までならこういう時は更新を避けていた記憶もありますが、まあそれはそれとして。


崇津のの『LICK IT UP!』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開◎ 恋愛度△ 好み◎
文法が男性向けに近いのか、ライトでもシリアスでも妙にエロい辺りがなかなか。

崇津のの『地獄へ道づれ』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開◎ 恋愛度△ 好み◎
お馬鹿キャラは白眉ですな。最近の若干へたれた線の方がより色気が増した気も。

二宮悦巳『いそがないで。』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開◎ 恋愛度△ 好み〇
原作を上手くコンサイスしてけれんみを削いでいる辺りは流石だがメリハリがなあ。


上のシリーズは個人的には避けた方が良いような気もしている。良い漫画なんだが。
発売当時は楽しんで読んだ原作と、現在の嗜好とのズレを再確認させられてしまって。
セリフの選び方やキャラの表情、構成の見事さに二宮悦巳の良さが出ているとしても
漫画として見てもどことなく違和感が残ってしまう。のっぺりした印象を拭えない感じが。
これは原作を知っているせいか、小説と漫画では読む際のスタンスが違うせいなのか。

でも小説1巻分の話を筋を壊さずに漫画で展開すること自体に若干の無理がある気も。
子供カップルだと可愛げもあるし話自体盛り上がりがあったから楽しめたがどうも限界が。
やはり菅野彰的総ホモ&思い込み後悔を成人カップルで見せられると萎えてしまって。
しかし小説が11巻まで出てることに鑑みるに、あと数年はこれにかかりっきりなのか?
派手で小気味良いギャグに深い科白回しの混ざる彼女のオリジナルが読みたいのだが。
[PR]

by bonniefish | 2006-05-06 23:58 | 漫画感想 | Comments(0)


<< コラージュネタ      「時さればみな幻想は消えゆかん」 >>