Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 30日

いやはや・・・

何を書いても後ろ向きになりそうな今日この頃。ついに5月ですね・・・。

所用のついでにB/Oで本を売って(神奈木智を放擲する日が来るとは!)貰った商品券で
崇津のの『LICK IT UP!』を購入。懐かしさ&105円コーナーにあったという理由ですが。
この人は描写が直截でもしっかりエロくて良いですね。個人的にはシリアスも好きですし。


【CRAFT vol.28】 しかし厚味の変動が激しいなあ。これだけあるとかなりのお得感が。
            評価と掲載順の親和性が高いことに必然性があるなら嬉しいかと。
〇:宝井理人『セブンデイズ』: 原作の心情描写が省略され凝縮された感じが好きかと。
   宮城とおこ『G線上の猫』: ちょっと話のテンポが悪いし、主人公の心情がご都合か。
   古街キッカ『さくらにあいたら』: 主人公のテンパリ具合の描写は卓抜。ただ絵がね。
△:木下けい子『キスブルー』: これも話に動きが少ないし当て馬の無力化もどうかと。
   天禅桃子『青空の澄んだ色は』: 恋愛要素が薄いし受攻とも教師としては微妙かも。
   山本小鉄子『ドキドキレンアイ』、藤たまき『雨天』
▽:雁須磨子『ちいちいはしゃぐとおくとぶ』、井上ナヲ『君に映る青』
スルー:樹要『インターバル』、小笠原宇紀『雨の中からやってきた』
[PR]

by bonniefish | 2006-04-30 23:55 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 「時さればみな幻想は消えゆかん」      「パンデクテン・チルドレン」 >>