2005年 12月 21日

真白からぬは・・・

実はバックデートですが、ご愛嬌ということで。


【MAGAZINE BE×BOY 1月号】 頑張って読んでみたがダメージが大き過ぎる・・・。
〇:ユキムラ『落ちぶれ紳士に愛の唄』: 恋愛過程を描く回は面白いし機微もうまいかと。
   天王寺ミオ『ワイルドダーリン』: 微妙さもあるが着実な成長への感嘆も込めて。
△:国枝彩香『Show Me Heaven』: キャラも絵も展開もスマートだと良かったんだが。
   北上れん『恋落ちルール』: 受の顔も性格も全く移入を誘わないのは何故だろうか?
   高永ひなこ『不器用なサイレント』、志野夏穂『倉科先生の受難』、
   藤井咲耶『フォーチュン・トラップ』、立野真琴『HERO・HEEL-英雄と悪漢-』
▽:ねこ田米蔵『神様の腕の中』、葵二葉/紅三葉『LEVEL-C』、
   中井ニコ『好きだなんて言えない』、みささぎ諷李『君を辿る胸裡』
××:こうじま奈月『僕らの王国』、寿たらこ『SEX PISTOLS』
スルー:不破慎理『YEBISUセレブリティーズ』、九州男児『課長の恋』、
     龍川和ト『追憶のビーナス!-恋愛前線注意報-』、浦コハク『愛犬ゲンキ』

【GUSH 1月号】 連載の魅力の無さと不定期掲載陣のツボさがもはや小気味いい程に。
◎:深瀬紅音『Lovers, cool』: ツボは外さないんだが、作りの甘さが同人っぽいとも。
〇:橋本あおい『いつだってきみのこと』: ドベタだがここまでライトに突き抜けていれば。
△:ホームラン・拳『ぼくとアクマと魔法のことば』: ラノベ的設定がなっていなさ過ぎるが。
   霧島珠樹『犬カタログ』、葛井美鳥『発情ベクトル』
▽:越智千文『キスのヤマイ』、千歳ぴよこ『SUPER! 恋愛党』
×:大和名瀬『さあ恋におちたまえ』、祐也『スイート・ラブ・ライフ』
スルー:真中ココ『ドール生活のススメ』、羽崎やすみ『学園ルンバ』
[PR]

by bonniefish | 2005-12-21 23:57 | 漫画感想 | Comments(0)


<< As if thrown in...      さらば酒の河 >>