Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 18日

親不幸な話

すっかり更新もご無沙汰で,訪なう方もほぼ0になりましたが,自己満足企画ということで。

いよいよ帰国が遠からぬ話となってきまして,諸々の事務作業が始まっているのですが,
そうするともたげ出すのが逃避癖と言うのは海外生活を経ても全く変わらないようです・・・。

ふとした思いつきで,当地から通販で購入して実家に送りつけている書籍の実情について
調べてみましたので(購入履歴って便利ですね),更新を兼ねて挙げてみたいと思います。

昨年7月某日から本日までの購入冊数・・・224冊
内訳(購入点数が多い順):
一般コミックス・・・74点
ライトノベル・・・47点
801コミック・・・34点
801雑誌・アンソロ・・・26点
一般小説・・・21点
801小説・・・19点
一般アンソロ・・・3点

予想より点数が多く,また一般コミックやライトノベルの冊数が多いことにも驚いています。
極力手を広げないようにしているのですが,それでも好きな作家の新刊を押さえるだけで
こうなってしまうのかなと。また中には百合ものや801作家の作品も含まれていますし。

またやはり801系,特に小説の購入点数が減っているのは顕著というほかないなあと。
以前なら月に10冊以上買うことも珍しくなかったのですが,自他の変化は激しいですね。
コミックは大分選別を厳しくしているので月4冊ペースというのはまあ妥当な所かなと。

801雑誌やアンソロは,渡米を機に『GUSH』や『BE×BOY』等の購読を辞めたのですが,
月刊の『Dear+』,いつの間にか隔月刊になった『Canna』,隔月刊の『Rutile』,
季刊の『小説Dear+』『CRAFT』を押さえるだけでそれなりの点数になってしまうようです。
ちなみに一般アンソロというのは何を隠そう百合系の新書館『ひらり、』でございます。

まあいずれにしても三十路を大きく回った者の買物としては微妙なものがありますし,
斯様な物が月2回ペースで送りつけられてくる実家の両親からしたらたまらないでしょう。
私が不在なので私の部屋に一応まだ空間的余裕があることと,両親ともに絶対に
勝手に包装を解かない性格であることがまだ救いかもしれませんが・・・。

これも良い機会ですし,震災を受けて給料が大幅に下がったこともありますので,
今後はさらに購入対象を絞っていきたいものですが,はたしてどうなるやら・・・。

801系の購入作品については,次の記事でタイトルだけですが一覧にしたいと思います。
[PR]

by bonniefish | 2012-04-18 08:40 | 801雑記 | Comments(0)


<< タイトル一覧(コミック編)      訳あって異国にいる >>