2005年 12月 15日

在りし日の光芒を偲び

今年もあと半月ですね・・・。


乙里玲太朗『だぶるらぶ』: 絵柄◎ キャラ〇 ネタ・展開◎ 恋愛度〇 好み◎
少年期の機微のリアルな活写ぶりにはひとえに脱帽。ショタの一つの金字塔でしょう。

窪スミコ『暮れゆく空は君の味方』: 絵柄◎ キャラ◎ ネタ・展開〇 恋愛度〇 好み◎
ついに単行本化。各キャラの若さやぐるぐるぶりとどこか突き抜けた雰囲気が良いかと。

深瀬紅音『いいなり』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開〇 恋愛度◎ 好み◎
恋愛のもどかしさの描写は秀逸だし、エロにも雰囲気がある。その繋ぎも良いと完璧かと。

花田マコ『ぼくのかわいいひと』: 絵柄〇 キャラ△ ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△
仕方が無いけど浅くエロに行く傾向が。近作の絵にはねねこやリリイっぽさがある気も。

高久尚子『うつむく視線』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開△ 恋愛度▽ 好み△+
なんかインプリンティングな感じがして。エロが強まった分浮いてる感も少しあるか。

穂波ゆきね『てのひらの星座』: 絵柄〇 キャラ△ ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△-
再会ネタから始まり、すれ違い方や当て馬までオーソドックス過ぎて。悪くは無いが。

みろくことこ『恋人はスイートラビ』: 絵柄〇 キャラ△ ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△+
小悪魔系ショタだが、エロに走りがちな分男性向け的ご都合主義を感じるのが惜しい。
[PR]

by bonniefish | 2005-12-15 22:17 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 希求と媒体の乖離      「逃げて逃げても離れて行くだけ」 >>