2006年 03月 21日

Timid Rope Dancer

とか言いつつも本棚をひっくり返しては旧作に読みふける毎日な訳ですが。


遠野麻紀の『新世界交響楽』を読み返しあの独特のモノクロームな雰囲気に浸ったあと、
何気なく裏見返しを見たら、そこの既刊紹介欄に三池ろむこの『アンゴラタイム』を発見。
同じEYES COMICSだったのか・・・。百回以上読み返していたのに全く気付かなかった。
というか遠野麻紀とあの『アンゴラ』が同居してたとするなら一体どんな雑誌だったんだ?

しかし遠野麻紀嬢はどうしているのだろうか。コミケをチェックしない身には知る由もなく。
エヴァの同人で彼女を知って虜になった身には、『Dear+』創刊と同時に始まった連載が
楽しみで楽しみで仕方なかったが、数号で休載してから音沙汰がなくなってしまったし。
そもそも『Dear+』の創刊号を買った理由自体が遠野麻紀を読むためだったくらいだし。
普通の高校生とアイドルの従兄弟というベタ設定ながら、お互いの淡い感情の交錯を描き
切なさもこみ上げる佳作だったのに。あの連載、どこかで単行本に纏めてくれないかなあ。
[PR]

by bonniefish | 2006-03-21 23:59 | 801雑記 | Comments(0)


<< リミット近し      中東時間な生活 >>