2009年 04月 14日

三十路のゆくすえ

期末にかけての棚卸し的な駆け込み仕事とその後始末がようやく終わろうとした辺りで
早くも今期の仕事が動き始める辺り,禄を食むのも楽ではないなと嘆息するばかりです。
思ってもいない幸運(?)に恵まれたりもしましたが,同僚は更に上を行くようで。桜井翔!?

まあ良い年齢で月に3~5万の書籍代を費やし,上司や友人と下手をすれば毎日飲み,
更には鉄道趣味やら旅行趣味やらまで抱えていると時間は幾らあっても足りない訳で。
この週末は隙を見て結婚式出席に繋げて休暇を取り,関西方面を放浪していましたが,
肌寒い夜の六甲ケーブルに往復とも1人きりで乗車した時には何某か胸に去来したり。

それでも1年間の苦楽を共にした知人達が最近続々と家庭をなしていく様を見るにつけ,
我が身を振り返って思うことが無くもないのですが,暫くはこのまま行くのだろうなあと。
ただ自分の中で最近801のみならず趣味全般に対する体温やテンションのようなものが
低下している理由を考えると,結局自らの置き所の定め方如何だったのではないかという
陳腐な結論に落ち着きそうで嫌なのですが。自己の矮小さのアレロパシーというオチ。


・『ウンポコ』の休刊を知りやはりなあという思いは拭えず。好きな作家陣も多かったため
 購入を続けていたが,雑誌の方向性が不明瞭というか身内受け的な中途半端さがあり
 とにかく色々と微妙なラインナップだったし。性差によるセンスの差だけではなかったか。
 まあ『セバ』のお陰で今まで読まなかった作家陣に触れ合えたのは有難かったですが。
 しかしこれからどうしよう。『Wings』を各号買うべきか,セバの載る号だけにするか・・・。

・つげ雨夜の『GUSH』の兄弟ものに萌えて仕方がなかったのは既に書いたとおりですが,
 その連載が終わってすぐのこの5月号から新たに始まった連載も結構ツボっぽくて驚愕。
 この人は前はもっとお馬鹿っぽい感じの話やキャラで絵が可愛いというだけだったのに,
 いつからこんな抑えた雰囲気というか色気みたいなものが出てきたんだろう。不覚・・・。

・『ルチル』でもついに子育てネタが始まり落胆しかけるも,思ったよりは悪くなくて安堵。
 本誌ではやはり最近始まった秋葉東子のエッセイ漫画が面白い。ノリが関西的かな?
 あとはvol.29でもしっかり萌えさせてくれた平喜多ゆや。元々薄い少年体型の描写が
 卓抜でエロかったのに最近磨きが。心情の微妙なエピソードへの落とし方には悶絶。

・単行本は藤谷陽子『ボーダーライン』と小鳥初夏『お屋敷でのひみつごと』に萌えまくり。
 前者はタイトル作の微妙なギャグっぽさに身構えたが軽妙な展開とキャラの魅力が◎。
 そして後半のシリアス含みの各キャラの微妙な歪みがリアルで好みかと。エロいし(笑)。
 後者は絵は良いし各キャラの微妙な外し方や描写の省略,ライトな笑いは大変好みだが
 話の薄さというか設定の無さや展開の唐突さが目についた気が。何か同人的になった?

・あと忘れてはいけない『青い芝生と甘い水』。自分が3話から読んでいたことを知り驚愕。
 (設定や展開からしてもっと続いている話だとばかり思っていたので。)そういう意味では
 情報的な収穫は多くなかったが,通して読むと改めて作品の柔らかい雰囲気に入れたし
 大人組のエゴも苦笑できる程に若人カップルの青さと真っ直ぐさが胸に飛び込んできた。

・夏葉ヤシはTLに辿りついていたんですね。この人のエロの妙な濃さからすれば当然とは
 思いましたが。というよりもういっそ普通に成人向けエロを描けば良いんじゃないのか?
 ただ最近のTLの隆盛とBLとの垣根の低さなどを見て思うのが,若い頃の自分が801に
 求めていたもの(に対応する澱み)の一部はTLでも解消できたのではないかという点で。
 何というか人の対応力や希求の強さには切なさめいたものさえ覚えてしまいますね・・・。

・Yahoo!のイッキ読みでつづき春の名作『Going to hell』が対象に入っていてびっくり。
 翌日仕事なのにもかかわらず思わず読み返してしまいました。やはり読ませる名作です。
 ついでにちょっとネットで評を探して某所で見つけた『萌えはないけど名作』との一言に
 思わず唸ってしまったり。確かに萌えは・・・いやでも絵柄ではないところで萌えないか?
 芸能界舞台なのに華々しさが少ないのも良くないのか?でもそこが本作の良識とも・・・。
[PR]

by bonniefish | 2009-04-14 23:59 | 801雑記 | Comments(0)


<< 再開的な機運      延命措置 >>