Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 01日

低調な一日

卒業式関連で確認ミスによる申し込み忘れに凹む・・・人生全て後手だなあ。


三池ろむこと二宮悦巳の絵が似てるとの指摘を複数目にしたのですがデフォなんですか?
確かに線は似てる気がしますが、絵心が全く無い身ながら顔の輪郭取りや目の描き方が
違うように見えいまいちピンと来ていません。雰囲気面では省略が生きてるのは同じでも、
三池ろむこは含羞みの描写や一見淡白げな描写の裏の恋情の疼きや色気が魅力だし、
二宮悦巳はセリフの含みと省略によるシーン活写やほの混じるギャグの突抜けが魅力。
まあどちらも好みの作家なので似ている所があるのは当然なのかもしれませんが。

しかし二宮悦巳はオリジナル書かないんですかね。彼女の持ち味を存分に味わえるのは
オリジナルだと思うんですが、最近は原作つきばかりだし、そのせいかこの間『Dear+』に
載ったオリジナルは間の取り方や話の展開にぎこちなさが滲んでいて惜しまれましたし。
菅野彰の原作付きの方も3冊目までは持ってるんですがその後は購入を保留してまして。
原作があらぬ方に行ってしまっているのでねえ・・・(総ホモ&トラウマ&話のループ化)。

キャラが多すぎて話が散漫になったり作中キャラ間での内輪ネタっぽい雰囲気が出るのは
菅野彰の宿命なんですかね。『おおいぬ荘』もほぼ同じような方向に突っ走りましたし。
キャラへの移入や描きたい社会批評が恋愛的な部分を押しやりだしてしまっている点や
「一見爛漫な行動→その影にあるトラウマの話にすぐ移行→言い訳的な恋愛描写で纏め」
というテンプレが目に付きだすとどうしても・・・それでも原作は最後まで追いかけますが。
初期は好きだったんですが、引越しのときに段ポール行きになってしまった作品です。
因みに同種の運命を辿った作品は『右手にメス~』や『ツーペアきまぐれ』等多数(苦笑)。
[PR]

by bonniefish | 2006-03-01 23:59 | 801雑記 | Comments(4)
Commented by ばば at 2006-03-03 00:46 x
その、毎日晴天シリーズの何巻目かのあとがきで、三池ろむこが二宮のアシだと書いてあったと思います。似てると感じる人はその辺に理由があるのかも。手元に現物が無いので記憶違いだったらすみません。二宮悦巳の読みきりは1番最近の剣道話、の1つ前が結構好きでした。
Commented by bonniefish at 2006-03-04 00:17
情報ありがとうございます。アシスタントとは知りませんでした・・・。それなら頷けます。
二宮悦巳は今は無き桜桃書房で書いていた頃の作品がたまらないなあと。剣道ネタの『猫になりたい』もあれはあれで好きなんですが。
手許に保存している『Dear+』を見てみたのですが、この『猫になりたい』は2005年の6月号からの連載で、その時に「コミック初登場」と銘打たれてるんですね。その前というと、もしかしたら別雑誌だったのではないでしょうか。ご教授ください。
ちなみに三池ろむこの『Dear+』デビューはその翌月号。これはやっぱり関連があるんでしょうか・・・?
Commented by ばば at 2006-03-04 01:55 x
ご教授だなんて、そんな。書き方が悪かったですね、僕の方も記憶がかなり曖昧ですが、去年この頃のCharaSelectionの方に載ったと思います。先輩後輩がいて自転車こぐ話、だったような。
三池ろむこのデビューとの関連は、…自分にはとてもじゃないけど分からないです(笑
Commented by bonniefish at 2006-03-04 23:34
CharaSelectionでしたか。単行本化を待つしかないですかね。晴天シリーズの残り2冊も買うかな・・・。
最後のネタは年寄りの邪推ということで。ろむこ単行本発売をそちらのサイトで知り楽しみにしています。


<< No time      ついに2月も暮れ >>